プチ整形で若さを取り戻す

注射

プチ整形の基礎知識

鼻の横から口元にかけて走るしわをほうれい線と呼びますが、この線が目立つようになると、見た目以上に老け顔になります。このほうれい線をどうやって消すのかが、妙齢の女性の悩みのひとつとなっていますが、その方法のひとつとして、注射器によるヒアルロン酸注入が人気を集めています。これは、ほうれい線部分にヒアルロン酸を注入することで皮膚を持ち上げ、溝を無くすという施術ですが、基本的にヒアルロン酸は少しずつ皮膚に吸収されていくため、綺麗な状態をキープできるのは1〜2ヶ月程度です。ヒアルロン酸注入は、定期的なメンテナンスが必要な整形であることを知っておく必要があります。また、腕の確かな医師に施術してもらうことも大切です。

なぜ老け顔になるのか

ほうれい線が目立つようになる理由にはいくつかありますが、代表的なものとしては、顔の筋肉の衰えによるものと、コラーゲン不足によるものです。老化によって頬を持ち上げる筋肉が衰えてくると、頬の皮膚がたるんで、口の両側に垂れ下がった状態になるため、線が目立つようになります。ほうれい線を消す整形のひとつとして、このたるんだ皮膚を引っ張りあげるという施術もありますが、顔の筋肉を鍛えることでも予防になります。コラーゲン不足によるものは、皮膚の下にあるコラーゲン腺維が減少することで表皮が陥没してしまい、その部分がシワとなるというものです。また、顔がむくむことによってもほうれい線が目立つ場合がありますが、その場合はリンパマッサージが有効だとされています。